習い事は、早めに色々やっておいた方が良い?と思って色々習わされてきた経験がある人は多いけど・・・大人になって活かされたかどうかは別である

小さい頃、ピアノを習っていた!とか書道やってたよ〜とか、そろばんやってたな〜とか言う人は多いと思いますが、それが今大人になって社会人になって活かされた!と思った事はありますかね?

私も小さい頃から〜ピアノと英語と水泳を習わされて来たのですが、どれもある一定時期でピタっと辞めてしまった経緯があります。

それは親の転勤で、特に水泳と英語は転勤を機に辞めてしまいましたねー。

ピアノだけは転勤しても教室を替えて続けていたんですが、中学生の時部活が忙しくて辞めてしまったので、転勤してもしなくても辞める方向だったんだと思われます。

で、そうやって小さい頃からやっていて中学生〜高校生位で辞めてしまった習い事の多くが、大人になってから何らかの形で活かされた!と言う人はどうもそんなに居ない様なんですよね。

私の周りの友人知人に聞いてみても、同じように2〜3個の習い事をしていた経験はあるけど、今の仕事に役になっているかと言ったら皆無!と答える人が殆どでしたね。

ただ、そろばんと書道はそれなりに〜そろばん習っていたお陰で簿記検定が取れやすかった!と言う人も居れば、書道のお陰で字が綺麗になった!と言う人も居たので、習い事の傾向によってはそれなりに社会に役立ったりまた自分のスキルになって行っている人もいるのだろうとは思うんですが。

それでも多くの習い事が、その人の血にも肉にも知識にもならずにただ毎月の月謝を無駄に使って来た?となると、だったら習い事なんてさせるもんじゃない!と考えたくもなるんですよ。

大抵の習い事の月謝が5千円程度〜だったりするので、1年間習わせたら6万円です!

これを10年習わせたら60万円ですよ。

それなりの教育費になっている事は間違いありません。

ただそれを安い!と考えるお宅もあれば、ウチの経済情勢では厳しい〜と考えるお宅もあるので、その辺りで習う・習わないを決めてしまう可能性もありますが、そもそも習い事は親がする者では無くて子供がやりたいかどうかで決めるモノだと言う事だけ!念頭に置いて欲しいのです。

親が子供の自慢の話のタネにする為だけに子供に習い事をさせている人もいるようですが、習って学ぶのは子供だ!と言う事を理解して欲しいのです。

で、肝心の子供に何を習ってみたい?と聞いて、特にその時何も無かったら〜無理して習う必要は無いのです。

何かに興味を持って、その方向に一生懸命になっていたら〜その時!に子供さんに提案してみてください。

薄毛 シャンプーはこれが効く!悩んでいる女性は必見です

その、何かに興味を持っている時にその系統の習い事をする方が、将来的に血となり肉となり知識となる可能性が高まるので、お勧めです。